次世代日本のエース、中島翔哉にオファー殺到!!

13pt   2018-09-14 21:00
さっくんのワンダフルNewS!


中島翔哉 中島 (なかじま しょうや、1994年8月23日 - )は、東京都八王子市出身のサッカー選手。ポジションはMF、FW。日本代表。 サッカー選手の小池龍太は母方の従弟。 6歳の時にサッカーを始めるも、同時期に両親が離婚し、母子家庭に育ち、2つのサッカースクールとフットサル教室に通っていた 34キロバイト (3,461 語) - 2018年9月12日 (水) 14:10


cfe31446.jpg
(出典 img.footballchannel.jp)


一人別格だったな
(出典 【サッカー】<中島翔哉(ポルティモネンセ)>冬の移籍市場でオファー殺到か?いよいよ欧州ビッグクラブ入りが現実味を帯びてきそう)

1 Egg ★ :2018/09/14(金) 06:30:34.42 ID:CAP_USER9.net

日本代表として3試合目の出場となったコスタリカ戦でエースナンバー10を背負い存在感を示した日本代表MF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)が、欧州ビッグクラブ入りに前進した。

 公認資格を持つ選手代理人は「欧州のスカウトはクラブだけではなく代表も見ている。緊張感のある国際舞台でどれだけやれるのか。そこは選手を評価するポイントになるし(クラブとは)違うチームでも普段と同じようにプレーできれば(評価は)プラスだろう」と話した。その上で10番を背負ったことも好材料になるという。「獲ろうとするクラブだって注目されてない選手よりも人気のある選手の方がいいさ。マーケティング面も期待できる」と指摘。冬の移籍市場で“人気銘柄”になるのは間違いない。

 昨季に移籍したポルトガル1部リーグで10ゴール12アシストをマークした中島は、夏の移籍市場で名門パリ・サンジェルマン(フランス)をはじめ、アトレチコ・マドリード(スペイン)、シャフタル・ドネツク(ウクライナ)、ドルトムント(ドイツ)などの海外クラブと同じポルトガルのポルト、スポルティングが獲得への興味を示していると各メディアで報じられ、ステップアップが確実視されていた。

 ポルティモネンセ側は獲得オファーの存在を認めながらも中島の移籍金設定を1000万ユーロ(約12億9000万円)から2000万ユーロ(約25億8000万円)に変更し、売り急がなかった。しかし、ロシアW杯で躍進した日本代表の10番を背負う新エース候補に指名され、再び欧州クラブから獲得要請が殺到すると見られている。

 中島はコスタリカ戦後に「10番というのは特別な番号。それを含めてすごく楽しかった」と話したが、日本代表に欠かせない戦力と証明したことで、いよいよ欧州ビッグクラブ入りが現実味を帯びてきそうだ。

9/13(木) 16:33配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000029-tospoweb-socc

写真
8a34234f.jpg
(出典 amd.c.yimg.jp)


(出典 【サッカー】<中島翔哉(ポルティモネンセ)>冬の移籍市場でオファー殺到か?いよいよ欧州ビッグクラブ入りが現実味を帯びてきそう)


c?ro=1&act=rss&output=no&id=7776753&name
   最新芸能ニュースまとめアンテナトップページへ
芸能ニュースの話題が沢山。